マンションに用いられる屋上防水施工の種類

マンションのメンテナンスは屋上から!防水対策に最適な施工の基本 マンションのメンテナンスは屋上から!防水対策に最適な施工の基本

マンションに行なわれる防水工事はどんなものがあるか

マンションの防水工事の種類と特徴を紹介します。それぞれの概要をふまえて、ぴったりの施工を選択しましょう。

屋上防水施工で用いられる施工の種類

ウレタン防水
ポリイソシアネートとポリオールを撹拌、塗膜を作る施工です。下地の形状になじみやすく短期間で終わるうえ、コストパフォーマンスが良い屋上防水と言われています。また、既存の防水層の上塗りにも使えるため、メンテナンスも簡単です。亀裂に弱いデメリットがあるため定期的な不具合の確認が必要で、トラブルが見つかった場合には、上から防水層を重ねていきます。マンションの屋上やベランダなど、幅広い範囲で使われている施工です。
FRP防水
ガラス繊維強化プラスチックを使用して、耐久性が優れた防水層を作っていきます。保護層不要で軽量、優れた防水性能と屋上防水に適した特徴がありますが、そのままでは紫外線に弱いところがネックです。定期的にトップコートを塗り直せば補強できるので、メンテナンスは不可欠でしょう。比較的スピーディーに施工できる手法なので、工事自体は1日~2日程度で終わります。施工中に臭いが気になるケースもあるので、ご近所に配慮して進めましょう。
アスファルト防水
アスファルトを高温で溶かして、シートを積み重ねて行く施工です。ルーフィングを重ねることで丈夫な防水層ができるため、強度と耐久性に定評があります。伝統的な施工では臭いや環境負荷がネックとされていましたが、改良工法も出始めています。仕上げに保護塗料を使い、さらに補強すれば耐用年数が長めになるため、信頼度が高い技術をご希望の方におすすめです。しかし、メリットが多い反面で紫外線に弱い弱点もあるため、トップコートを工夫しましょう。

屋上防水は工法と素材の選び方が何より重要なので、マンションの構造に合わせた施工をじっくり相談してください。  

TOPボタン